Group 3
(Tentative)

CoIUHida Takayama University has been changed to "Co-Innovation University (CoIU) [KOH-AY-YOO]".

Ask about Civilization.

Where should we go from here? Did society free people? Did the economy make people happy? Did culture make people peaceful? The world is now seeking new civilization. No one is left behind, in harmony with nature, and respects each other. But it cannot be produced by one person. We can pursue diverse affluence and make up for the lack of power and perspective by connecting to each other. Now is the time to combine wisdom and passion to a future where each person can resonate. We are the university that creates civilization with you. CoIU

MEMBERS

地方から世界につながる未来を共創する。
Co-Innovation University 学長候補宮田 裕章

1978年岐阜県生まれ。2003年東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士(論文)。早稲田大学人間科学学術院助手、東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座助教を経て、2009年4月同准教授、2014年4月同教授(2015 年 5 月より非常勤) 、2015年5月より慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授。専門はデータサイエンス、科学方法論、Value Co-Creation。2025日本万国博覧会テーマ事業プロデューサーをはじめ多様な社会活動に携わる。地域とともに創る新しい未来のイメージについては今後SNSなどを含め様々な媒体で発信していく。

建築家藤本壮介

1971年北海道生まれ。
東京大学工学部建築学科卒業後、2000年藤本壮介建築設計事務所を設立。現在、東京とパリに事務所を擁し、国内外で幅広く活動を展開している。
2014年フランス・モンペリエ国際設計競技最優秀賞(ラルブル・ブラン)に続き、2015、2017、2018年にもヨーロッパ各国の国際設計競技にて最優秀賞を受賞。国内では、2020年、2025 日本国際博覧会の協会事務局会場デザインプロデューサーに就任。2021年には大分空港海上アクセス旅客ターミナル建設工事基本・実施設計業務 最優秀者に選定される。
主な作品に、白井屋ホテル(2020年)、L’Arbre Blanc(2019年)、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2013 (2013年)、House NA (2011年)、武蔵野美術大学 美術館・図書館 (2010年)、House N (2008年) 等。

SPECIAL

【後編】地域と調和する”まだ見たことのない景色”へ(学長候補・宮田裕章氏×建築家・藤本壮介氏)
2024年の開学をめざす飛騨高山大学(仮称)の学長候補である宮田裕章氏と、本校キャンパスを設計した建築家・藤本壮介氏による対談形式インタビューを行いました。地域に根差すとともに世界に繋がっていくビジョンを具現化しているという飛騨高山大学(仮称)のキャンパス。どのような背景から現在
More Read
【前編】地域と調和する”まだ見たことのない景色”へ(学長候補・宮田裕章氏×建築家・藤本壮介氏)
2024年の開学をめざす飛騨高山大学(仮称)の学長候補である宮田裕章氏と、本校キャンパスを設計する建築家・藤本壮介氏による対談形式インタビューを行いました。前編では、飛騨高山大学(仮称)の本校キャンパスについて、設計イメージをご紹介します。
More Read
【座談会】飛騨から文明をつくる ? ! 地域からはじまる新しい共創(学長候補・宮田裕章氏×理事会×水野学氏 )
2024年開学を目指す飛騨高山大学(仮称)の学長候補である宮田裕章氏と、大学をともにつくり上げている理事会メンバーとの座談会を行いました。なぜ飛騨に大学をつくるのか、どのような学びを通じて新しい社会を共創しようとしているのか。壮大なビジョンの一端を覗いてみてください。
More Read

ACADEMICS

Assumed university type
Four-year private university / 13 learning centers to be established in Japan
Assumed opening
2024 (application for approval of university establishment scheduled for October 2022)
Assumed faculties
Faculty of Co-creation
Assumed number of students
Enrollment capacity (120), admission capacity (480)

※2022年3月26日現在

本キャンパス:岐阜県飛騨市、サテライトキャンパス:岐阜県飛騨市、岐阜県岐阜市、岐阜県高山市、北海道札幌市、石川県中能登地区、鳥取県鳥取市、福岡県福岡市、宮城県仙台市、長野県小布施町、愛知県田原町、京都府京都市

NEWS

PARTNER

飛騨市

NEWS LETTER

ニュースレターに登録いただく事で最新情報を随時メールでお送りさせていただきます。

その他各種SNSでも随時最新情報を配信しています。

  • instagram
  • twitter
  • facebook